FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

幸せの贈り物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらですが、ロッテリアの絶妙ハンバーガー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090804-00000027-fsi-bus_all


 ロッテリアは4日、新発売した「絶妙ハンバーガー」(360円)で、客が「まずい」と感じれば、その場で返金する制度の返金率が0.2%にとどまったと発表した。このサービスは7月16~31日までの期間限定で実施し、累計で119万1897個を販売、うち返品は、2284個だったという。「絶妙ハンバーガー」は、パンと肉、野菜の素材や原産地などを厳選した商品。


                        yahooニュースより引用
             ************************************
 

返品率が予想を下回った・・・良心的なお客さんが多かったという事でしょうか?
返品する勇気がなかったという事でしょうか。
いずれにしても日本人たるゆえんという気も。
「返金」という大きな大きな賭けにでたロッテリアが、あらゆるメディアの評判だけさらってこの勝負、勝ちましたね。かなりの宣伝効果でしょう。
私もその一人。つい「絶妙ハンバーガー」を買ってしまいましたから。
もし、返品キャンペーンなどではなく、単なる新発売、期間限定位なら、「あ~、またとても美味しい
ハンバーグを開発したらしい」と素通りしてるところでした。

さて行列に並び「絶妙ハンバーガー」を買って帰り、さあそのお味は?

とにかく肉が歯ごたえがありしっかりしている。練りものが多い安物ハンバーガーとは全然違う食感で好印象。玉ねぎも食べ応えある厚さだし、パンはパンでお値段だけあって格調高く香ばしい。ピリッとしたワイルドな味付け。
ただ、それぞれの具材がそれぞれワンランク上を主張しているだけで、互いに、どう引き立てあってるか?味のハーモニーはどうか?と言われると。・・・・・う~ん。絶妙というか微妙。
「返金できる程自信あり」という前評判の高さで食べたので、有難味はあるけど、マックの竜田揚げハンバーガーやモスのきんぴらバーガーを食べた時のような、驚くような旨さ、感動が無かったんだよな。
つまり、くせになる、また食べたい・・・という程ではなかったので、あの値段ではリピは無いかも。
あ、でも次回は絶妙ハンバーガーにポテトが無料で付いてくるクーポンをもらったので、それは使わせてもらいます!




【送料無料】【数量限定】訳あり濃厚チーズケーキバー 北海道は送料300円/沖縄・離島は800円頂きます







スポンサーサイト

テーマ:ファースト フード - ジャンル:グルメ

エコポイント交換始まる…商品券が人気

上記タイトルのニュースが昨夜のヤフートップページに挙がってました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090801-00000840-yom-bus_all
8月1日20時27分配信 読売新聞



省エネ家電の購入者に価格の一定割合を還元する「エコポイント」制度で、1日からポイントと商品との交換が始まった。

 交換を申請した人には、商品を提供する事業者が順次商品を発送する。

 ただ、7月1日の申請受け付け開始以来、エコポイント事務局に申請が殺到し、申請件数は1か月で約50万件に達した。エコポイント制度が始まった5月15日以降、薄型テレビなど省エネ家電の売れ行きが好調なことを反映したものと言え、事務局は「商品が手元に届くまでに時間がかかるケースもある」と話している。

 事務局によると、交換商品では、全国の百貨店などで利用できる商品券や、地域の特産物、プレミアムが付いた地域商店街の商品券などが人気という。

 申請はインターネットのほか、郵便局や家電量販店などに置いてある申請用紙で郵送で申し込む。ポイントがもらえるのは2010年3月末の購入分まで、商品との交換申請は12年3月末まで。 .

                                             以上引用


*****************************************
エコポイントの交換商品の中で、商品券が人気というのは当たり前だと思っていたので、あえてニュースになる?というのに少しびっくり。多分、「エコポイントの交換が始まりましたよ」という趣旨のニュースだと思うが、タイトルで「商品券が人気」というのに違和感を感じる。

多分、私の中では、ポイントを交換する場合には常に、商品券、図書券といった金券にというのが当然であったので。勿論、金額に換算した場合、その価値が金券を上回った場合にはその限りではないけど。

だから一応エコポイントの交換商品一覧に目を通したけど、やはり金券の価値を上回るものは無く。
そうすると、やはり選択肢としては金券ですね。





今年の夏はエアコンを買いました。
もっと安いエアコンもあり、最初はそれを買おうと思ったけど、そちらは省エネタイプではないから、1年2年使っているうちに電気代で損をしてしまう。そのエネルギー効率の悪さもあってその商品にはエコポイントが付いてない。

そうすると、今回買ったエアコンは6万円近くしたけど、エコポイントが6000点もつくし、電気代もかからないので、長い目で見たらこちらがお得。

かくして今6000点分のエコポイントを、領収書や保証書を大事にしすぎてどこかにしまいこんで行方不明にならないうちに、早いとこ商品券に交換しようと思ってます。








座椅子★発売ワズカ1年で7000台突破!楽天No1低反発座椅子が感動をお届けします! 座いす セー...





吉田ソースの社長が語る「5つの成功の秘訣」vol.2

さて、残りの2つです。

?「NOと言うな」
いや、とはいえ「絶対無理」「NO」と言わざるを得ない状況だってあるでしょう。
そんな時でも「NOと言うな」とあえて社長は言います。
「NO」と言わなかった時のエピソードとして、
ある商品を3日以内に韓国に配送しなければいけなくなった。
当時米国から韓国までの貨物空輸は相当な時間を要し、なおかつ紛失などの事故も多発していた。普通だったら当然断るところ。それを吉田社長は「商品を貨物として送るのではなく、手荷物として自分も一緒に飛行機に乗り込んだのです。
言われてみればなるほどと、後から思うことは簡単。だけどそれを危機的状況で考え付く事ができるか。
それは合理的に頭で判断して「NO」と断定するのではなく、「その気さえあれば必ず道が開ける」と何事もあきらめない貪欲さがひらめきをもたらすのでしょう。
そしてこの出来事をきっかけとして、今や大きく成長した航空会社を手掛けるようになったのですから、何が幸いするかわかりませんね。

?「失敗は忘れて次に走れ」
多角的な経営で次々に成功を修めてるように見える吉田社長ですが、失敗は数え切れないほどあったそうです。しかも破産寸前まで追い込まれたことが4度も。
ゴルフ事業では12億の損失。そのーボード事業では20億の損失。
これら失敗はすっかり忘れて、また次の事業に乗り出すのです。そのタフさが経営者には必要なんでしょうね。
失敗から得たものだけを吸収し、失敗したというネガティブな感情はどんどん忘れて、ただ次に走るのです。

もっと些細なことで「次もだめかもしれない」と二の足を踏んだり、びびったりしてしまう私。それって過去に引きずられて生きてるだけ。「次も失敗するかも」という未来はまだ起きてないですものね。

経営学的な「成功の秘訣」として語ってましたが、経営に無縁の人にとっても人生の「成功の秘訣」として得るものが多い話だと思います。





わずか90日で毎日1万円稼ぐ方法!















テーマ:☆経営のヒント☆ - ジャンル:ビジネス

吉田ソースの社長が語る「5つの成功の秘訣」

アメリカで大成功をおさめた吉田ソースの創始者、
吉田潤喜社長が語る、5つの成功の秘訣とは?
今日はそのうち3つをお伝えします。

?「リスクは考えなくていい。思いついたらすぐ走れ」
石橋を叩いて渡ってたら、その間にどんどん人が石橋を渡ってしまう。
思いついたことはどんどん実行しろ、ということです。
吉田社長も、母親が作ったソースがアメリカ人の口に合うことに気が付き、
すぐさま、食料品店を回り、ソースを置いてもらう様に頼んだのです。
当然断られるけど、何度も何度も繰り返しているうちに、やっと1つの店で
置いてもらえるようになり、それが成功の一歩になったのです。

?「人生も商売も目立ってナンボ」
日本特有の販売方法である、実演販売を自ら取り入れたのですが、
着物に下駄、カウボーイハットという何とも奇抜な格好で販売して、
人目を引き、それで、試食をさせることに成功したのです。
「いい意味の目立ち方は相手に安心を与える」
いい意味の目立ち方・・相手に安心感を与える。・・それがどういう
格好かというのを本能的にわかるんでしょうね。

?「心を下げるな」
つまり自分のプライドと人間性を下げるな、ということです。
スーパーで吉田ソースの売り上げが上がるに従い、面白くなく思う他メーカー。
その中にしょうゆメーカーが作るソースがありますた。
そのメーカーの醤油こそが、吉田ソースを作るのに必要な原材料だったのです。
そこで、そのしょうゆメーカーは取引を断った。
が、ここで吉田社長は自分の心を下げ、ベコベコ頭を下げることをしなかった。
これに奮起し、味の改良を重ね、それまでのよりもっとおいしいソースを作り、
結果売り上げが倍増したのです。


残り2つは明日ご紹介します。



訳ありSALE 【数量限定】デルモンテ トロピカル フルーツ メドレーキッコーマン フルーツ缶訳あ...








吉田ソースの社長がエチカの鏡に出演

先日のエチカの鏡、特集は「すご腕社長マル秘成功術」
ここで、「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれてる吉田潤喜社長を
特集してました。

吉田潤喜と言ってピンとこない人も、アメリカで一番有名な日本人、吉田ソースを立ち上げた吉田グループ総裁と言えば、時々日本のメディアでも紹介されてるので、わかるかも知れませんね。

吉田潤喜社長は、1949年の京都生まれ。小さい時から活発で「ごんだくれ」
(乱暴者)と言われてました。
そんな吉田少年が、19歳の年、オリンピックでのアメリカの強さを目の当たり
にすると、無一文のままとにかくアメリカへと旅立ったのです。
現在でも、そこまで行動的な人は珍しいのに、何十年も前の日本であることを
考えると、同じ日本人として誇らしい気持ちになります。
その行動力が、現在、航空貨物やレストランなど多方面に渡り経営している吉田
グループ総裁になりえたんでしょうね。
何といっても、自宅は25000坪、100坪のリビングにはグランドピアノ、当然お客様も
多いので、カラオケバールーム、自家用飛行機までも・・・と
成功者を絵に描いたような豪華絢爛さ。

でも今の成功をつかむには、数え切れない程の苦労、紆余曲折があったと思います。

そんな社長が「これだけ守れば成功する」と明言した5つの条件を
明日紹介したいと思います。






沖縄のナンバーワン売れ筋商品とは?


検索フォーム

フリーエリア

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。